夢がデカイニートの日記

ツイッター→http://twitter.com/shuta_watanabe

先月、外食で使った金額は16000円なり・・・。しかし色んな発見があった。


f:id:rozenmaiden2673:20181101113112j:image

先月はだいぶ外食に金を使ってしまった。

ニートの身なんだから、節約しないとヤバイ。

そんでいくらくらい使ったかというと、ズバリ16000円である。

知り合いの店がリニューアルオープンしたのをきっかけに、ユニークな新しい店長とアルバイトを雇ったため、より面白い雰囲気になった。

店のことを知らない新しい店長とアルバイトが繰り広げるてんやわんやの展開を見ているのが楽しくて、つい足を運んでしまったのだ。

その中で見てきたものは色々あった。

11月1日のこの日記は、いい発見も悪い発見もあった今回のリニューアルオープン後のことについて書いていこう。

 

 

まず、いい発見。

これはさっきも言ったように、店長とアルバイトのやり取りが面白くて、一緒にいるのが楽しかったことだ。

会話に至ってはどこにでもある普通の会話だ。

それがなぜ面白いのかは具体的には説明できない。僕にもわからない。

ただ、70歳の店長と50歳のアルバイトが繰り広げる、経営の損得抜きの会話は、インターネットの世界で育ってきた自分には無い部分だった。

もちろん、インターネットの世界で育てば、様々な知識も身につくだろう。

しかしそれは同時に、狭い世界ゆえに考えに広がりが無くなってしまうマイナス面もあるのだ。

餅は餅屋にとはよく言ったもんだ。

僕はあの人たちのような面白い会話はできない。

それがいい発見だった。

 

 

次に、悪い発見。

店長を雇ったオーナーが引退して店を閉めることが決定した。

試用期間の雇われ店長だった店長は、オーナーが店を引退するのを見逃さなかった。

すっかり店を気に入ってしまった店長は、「俺が店を継ぐから店はそのままにしといてくれ」と言った。

(オーナーは、店長のことは試用期間内で解雇するつもりだった)

オーナーもそれに了承し、名義変更の手続きを全て終わらせた。

問題はそこからである。

雇われのときは気にしなくてよかった店の売り上げやアルバイトの退職、一人でやることの大変さ。

それらが急に店長にのしかかってきたのだ。

それまで楽しくやっていた店長は、やめたアルバイトに対する悪口や、夜に来るアルバイトに対して文句を言ったりするようになった。

 

これらを見て思ったのは、世の中の全ては諸行無常だということ。

「世の中の全ては諸行無常」は、ホリエモンが言った言葉だ。

世の中に変わらないものはない。世の中の物質の全ては離れる方向に向かっていると。

だからリニューアルオープンした店もまた、色んな面で離れていく方向に向かったのだろう・・・。